カテゴリ: YouTube

1: しじみ ★ 2019/04/07(日) 11:50:44.84 ID:CAP_USER

代々木アニメーション学院は2020年4月度より、「YouTuber科」を含む13学科を新たに設立すると発表しました。

 「YouTuber科」は既存の「エンタメ学部」の1学科として新設される予定。YouTuberおよびVTuber業界の現状について学ぶとともに、番組やキャラクターの企画、撮影、編集、配信までの一連の流れを身につけることができるとしています。また選抜オーディションなども全力でサポートしていくとのこと。

no title

no title

no title


(以下全文)
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1904/06/news039.html


続きを読む

1: 名無しさん必死だな 2019/03/17(日) 15:11:33.32 ID:1ocD/UXpM

PCゲーマー代表のヨシダヨシオ


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/03/10(日) 20:27:35.32 ID:OX26BLmb0 BE:323057825-PLT(12000)

sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン・29)が10日、「HikakinTV」で動画を配信。タクシーで衝突事故にあったと明かした。

 「タクシーで衝突事故にあって、最悪な事態になりました。。。」というタイトリーの動画で
「本日、生まれて初めてタクシーに乗っている時に衝突事故に遭いました。
タクシー歴5年ぐらいになりますが、初めての事故です」と報告した。

 この日、朝イチで仕事に向かうため家の前でタクシーに乗車。車内ではスマートフォンを使って仕事をしながら過ごしていたが、乗っているタクシーの運転手が事故を起こしてしまったという。
スマホと別の手にはコンビニのホットコーヒーを持っていて「いきなしよ!急ブレーキで。スマホ見てて前を見てなかったから。
思いっきりコーヒーぶちまけちゃった。これは申し訳ないんだけど、しょうがなかった」と状況を説明した。

 不幸中の幸いだったのが、しっかりとシートベルトをしていたため大きな怪我はなく、事故自体も大きなものではなかったという。
ヒカキンは「シートベルトのおかげで前の座席に頭をぶつけることはなかった。みなさんに何を伝えたいかというと、シートベルトが大事です。
タクシーも、運転する車、家族が運転する車の後部座席もですが、シートベルト大事だよ!
“自分は事故に遭遇なんてしないだろう”って思っている時になるから!」とシートベルト着用を強く呼び掛けた。

HIKAKINが乗っていたタクシーで衝突事故 シートベルトのおかげで大きな怪我なく
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-214642/


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/03/01(金) 18:53:25.29 ID:kr/3fxBt0

【AFP=時事】米IT大手グーグル(Google)が運営する動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は2月28日、未成年者への「搾取行為」を食い止めるため、児童や年長の未成年者が登場する動画のコメント機能を無効にするとの方針を明らかにした。

 ユーチューブをめぐっては先週、幼い子どもが登場する一見無害な動画に児童ポルノに関するコメントやリンクが付けられていると動画制作者のマット・ワトソン(Matt Watson)さんが指摘。
これを受け、ユーチューブは不適切なコメント投稿を取り締まるためにさらに踏み込んだ措置を取ると発表した。

 ユーチューブは動画制作者に向けたメッセージで、「私たちはコメントがユーチューブ体験の中核をなし、そして動画制作者たちがどのようにそれらと結び付き、
アクセス数を増やしているのかについては理解している」「ただ同時に、われわれが今日共有している大事な措置は幼い子どもたちの安全を保つために重要だ」と強調。

 さらに「今後数か月にわたって今回の措置を広げていき、年少の未成年者が出演する動画や、搾取行為を招く恐れのある年長の未成年者が出演する動画へのコメント機能を無効にする」との方針を明らかにした。

 グーグルによると、少数の動画制作者に限ってコメント機能の継続利用が認められるものの、コメント欄を注意して抑制させることが求められるほか、ユーチューブが提供するソフトウエアツールを導入する必要もある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000025-jij_afp-int


続きを読む

↑このページのトップヘ